二重埋没法

美容外科 美容整形で一番多い手術は二重埋没法でしょう。ここでは
目の二重の埋没法クイック二重プチ整形二重を含む)の全般的説明、
二重になる機序、埋没法の原理、ライン消失2点3点4点〜6点留めとは?
切開法(切開式)との違い手術後の脹れツレ、成功と失敗の分れ目など説明します。


二重埋没法 写真
 二重埋没法のデザイン

二重埋没法 写真
二重埋没法のデザイン
二重埋没法 写真
二重埋没法の手術

二重埋没法

二重埋没法の成功と失敗は医師の手術の良し悪しで決まります。誰に当たるか分からないような形でクリニックに手術を申し込むのは危険で、術前相談に充分な時間を掛けてくれるかどうかも大事な選択肢です。

二重埋没法

費用の幅は大きいのですが、実は内容が随分違ったりしています。適正価格で最高の医療を受けられるよう捜すべきです。相場の下限では何か欠ける事が多く、相場の上限では、単にボッているケースもあります。

二重埋没法では挙筋法、瞼板法などという言葉が独り歩きしていますが、医学的に、なぜ糸を埋没させると二重になるか、どういう感じに仕上がるかを図解します。。


																							二重埋没法の医学

現在の二重埋没法は1980年代後半にメスを使わない二重整形として「クイック整形」の名で日本で大ブームが起きた頃に始まります。それ以前は切開式二重整形が主流で、それに対する切らない二重としてはビーズ法という小さなビーズを瞼に糸で縛りつける手術がありましたが、切開式並に腫れましたし、ビーズをつけた部分に少し痕が残り、満足するものではありませんでした。